読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB部ログ

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

"あたりまえ"を見つめなおす。

太田です。先日、Facebookを眺めているときに、これから大会に参加する皆さんにも役立ちそうな記事を発見したのでシェアします!

 

chibimaya.hatenablog.com

 

こちらの記事では、「だから、そのデザインはダメなんだ。」という本が紹介され、いままでWebデザインをする上で"あたりまえ"だと思っていたことは、本当にユーザーの使いやすいデザインになっていたのかどうかが考えなおされています。

いままでの練習の中で作ってきたWebサイト。いつも同じパーツを同じ場所に配置していませんか?もう一度、ユーザーの視点に立って自分の作ったWebサイトを見てみると、何か改善点が見つかるかもしれません。

 

また、"あたりまえ"を見つめなおすことは、コードの書き方にも活かせると思います。

サイトのパーツを作るとき、自分の書き慣れたコードを書いていると思いますが、本当にそれは効率の良い書き方でしょうか?

 

この記事は、私にとっても、サイト構築について考えなおすきっかけとなりました。

大会に向けて、皆さんももう一度サイトを見なおしてみませんか?

コーディングのスピードを上げる

こんにちは、2年生の千賀です。

森本さんの記事をよんで、コーディングのスピードをあげる方法にはどんなものがあるのか気になったので、少し調べてみました。

続きを読む

ホームポジションの大切さ

森本です。

近頃計測や授業などでタイピングのミスの多さを感じ、とても効率が悪いと思ったので、より素早く正確にタイピングをするためにはどうしたらよいかを調べました。

キーボードにはホームポジションという指の定位置があり、「f」と「j」に人差し指を置いてそれを基準に何の指がどの範囲のキーを打つか決まっています。

(wikpediaよりホームポジションの画像)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:TouchTyping_HomePosition_QWERTY.png

この範囲を守り、キーを打つたびにホームポジションに戻るという打ち方が正確なタイピングによいとされています。

私はホームポジションの存在を知りつつも、範囲を守ったり定位置に戻るのが面倒でやっていませんでした。しかし私の場合、範囲を守らないことで中指や薬指がうまく使われていない、また、右手でばかり打っていて左手が活用できていないという傾向があったので、最近はホームポジションを守って打つ練習をしています。

まだまだ練習途中ですが、確かに何も考えず打っているときよりはミスの量がずいぶん減ったように思います。

もうすでに皆さんはホームポジションを守って打っていらっしゃるのかもしれませんが、守っていない方にはとてもおすすめしたいと思います。

a-blog cms を勉強中

こんにちは。WEB部担当の加藤です。

今回は私が研修をしている内容を少し紹介したいと思います。

現在毎週月曜日に、名駅にある有限会社アップルップルで研修をさせていただいています。

アップルップルはウェブ制作会社ですが、CMSを開発している会社でもあります。

続きを読む

動きをつけるためのコードを理解する

情報科二年の千賀です。

今回は、サイトの中に組み込む動きについて色々と調べてみました。

 

いままで、コードを暗記するようにしてクロスフェードをつくっていましたが、とてもわかりやすいコードを記載してくれているサイトを見つけたので紹介します。

design.aekana.com

ここで使われている.findというのは、その要素の中から指定した要素をさがすということです。

全ての要素から探し出すので、使い方は少し難しい気もしますが、使えるときには使っていきたいと思います。

 

次に、jqueryについて調べてみました。

続きを読む

こんなにたくさん!CSS3セレクタ

こんにちは。佐々木です。

私は普段「:hover」や「:first-child」といった便利なセレクタにお世話になっていますが、本当はもっとたくさんのCSS3セレクタがあるそうです。
そのCSS3セレクタの種類や、使い方についてまとめられた記事をご紹介します。

 

 

最初は「:after」や「:before」の疑似要素はあまりよく理解できなかったのですが、この記事で分かるようになりました。

驚くぐらいの多さで、しかも使いどころがよくわからないセレクタもありました。
全部を覚えて使いこなすことは難しいですが、それぞれ必要に応じて使うことを心がけようと思いました。

 

おまけですが、疑似要素を使ったすごい技がいくつかあったので、それもご紹介させていただきます。

デザイン性、芸術性を主としたギャラリーサイトのご紹介

こんばんは。2年の工藤です。

今回はデザイン性、芸術性に長けたウェブサイトを紹介しているギャラリーサイトについて2つご紹介したいと思います。


http://www.web-mihon.com/category/impression/03/


こちらのサイトでは、印象や色、ジャンルなどから検索することができ、今見たい、参考にしたいデザインを細く絞って見ることができます。


http://design-iketeru.azu-mi.com/taste.php?taste=beautiful


こちらのサイトではオシャレでかっこよく、イマドキなデザインを見ることができます。


デザイン性や芸術性に長けたサイトでは、斬新でおもしろいワイヤーフレームや配色が使われているように思います。

自分の中にある決まったパターンでは考えつかないようなものばかりで、見ていてとてもおもしろいです。

自分はまだまだサイトらしいサイトも作れないので、基本的なところからきっちりできるようにしつつ、こういった新しい発想を取り入れていけたらいいなと思います。