読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB部ログ

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

WCAN Winterに参加しました。

12月12日(土)に名古屋商科大学ビジネススクールで開催されたWCAN Winterに参加しました。

WCANは年に4回行われるイベントですが、Winterには、来年のロゴを決めるというお楽しみもあります。

 session1 長谷川恭久さん「あたかもプロのようにプロトタイプを活用する方法」

プロトタイプの必要性やプロトタイプツールの使い方や種類などを紹介していただきました。私たちの活動ではプロトタイプツールを使う場面はないのですが(過去に勉強会で1回やりましたが、浸透しませんでしたね)現場に出たらこういうツールを使って試作品をより分かりやすく見やすく検証することが必要だと思います。

 

session2 佐藤歩さん「HTML6 でも CSS4 でもない Web 技術のゆくえ」

HTMLとCSSの現状と未来ということで、Webを取り巻く技術のお話でした。このsessionは1年生でも理解できたと思います。HTML5も正式勧告から約1年が経過し、もうすぐ5.1になるなんて、早いものです。CSSのlevel指定が無くなるということでしたね。ひとまずはHTML5とCSS3をしっかり理解することが今後につながります。

 

session3 安田英久さん「10年後も(たぶん)Webとかの仕事で食っていける仕事の考え方」

検定本などでお世話になっているインプレス社の方ということで、親しみを持って聞くことができました。内容は企業のWeb担当者向けということでしたが、価値を提供するのだというお話は興味深かったです。「自分たちが良いと思うものが売れる時代ではなく、価値があるものが売れる」という話は、Webに限らず、どの世界でも同じなんだろうなと思いながら聞いていました。

 

今回のWCANはライトニングトークも含め、どれも面白い内容でした。個人的には友人のPepperくんの登場が最高に嬉しかったです。

次回のWCANは04月23日(土) WCAN 2016 Springです。