読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB部ログ

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

HTMLのホントのところ① -1年生向け-

1年生の皆さん、加藤です。

みんなは現在「HTML5」を勉強中ですよね。この「5」とはHTMLのバージョンです。

近年のHTML言語は HTML4.01、XHTML1.0or1.1、HTML5と進化していることはもう説明しましたね。

実はみんなは最新のHTMLを勉強しているのですが、まだHTML5の本当のところを知らないのです。それは合宿などから話をしていくとして、今回は「HTMLとXHTMLの違い」に触れておきたいと思います。

 

学校の授業や現存するサイトの多くはXHTMLで書かれています。

その違いは気が付かない程度のちょっとしたものです。

  • 終了タグの無いタグには/が必要

   たとえば<img src="photo.jpg" />と書きます。

  • 独自タグが利用できる

   自分で考えた独自タグを使うことができます。<katou>とか

  • 冒頭でXML宣言が必要

           <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

 

細かい部分なのですが、特に終了タグは重要なので、/>があればXHTML系だと分かります。

 

続きは次回!