読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB部ログ

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

ウェブ内での漢字とひらがなの使い分け

課題でウェブサイトを制作する際、みんなにテキストを配布していますが、その内容をしっかり読んで配置していますか?

テキストをそのまま利用するのではなく、本当にそれが必要な情報なのか、また情報に不足は無いかを確認し、理解した上で配置していけるようにしたいですね。

 

そこで今回は文字を漢字で書くものとひらがなで書くものについてまとめたサイトがあったので紹介します。

 

hajimeteweb.jp

 

漢字の多いサイトだと、やはり堅い印象になってしまうため、ひらがなが多い方が読みやすく親しみやすい印象になります。この記事を読んで、これからは漢字を減らしていけたらいいなと感じました。

また、中にはキャッチコピーなどはイメージもあるので、あえて漢字で書く場合もあるようです。

そのサイトのテーマやターゲットに合わせて考えていけるといいですね。

 

この記事にも最後にまとめてありますが、

  • 日ごろから、適切な使い分けを意識して文章を書く
  • 読みづらい漢字は、なるべくひらがなで書く

これをウェブ以外のところでも意識していけるといいですね。