読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB部ログ

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

wcan Springで学んだこと。

こんにちは。

2年生の千賀です。

今回は、4月23日(土)に行われた「wcan Spring」、

その中でも矢野りんさんの「グラフィックでDL数を稼ぐ方法」

についての感想を書かせていただきます。

 

アプリケーションをダウンロードするときに、

どのように情報を集めるでしょうか。

TVCM、WEB広告、アプリ内広告、そしてアプリストアでしょう。

その中で、最終的に詳細を得るのはアプリストアだと思います。

つまりアプリストアで表示されるストア画像は、ダウンロードを決定する最大の情報、ということになります。

このストア画像をどう作るか、というお話をされていたのですが、

これはwebサイトのメインイメージにおいても同じなのでは、と私は考えました。

 

1.キャッチコピーが大事

「初めに考え、15文字、多くても25文字程度で、わかりやすい言葉で。」

これは、アプリの話でしたので、この機能はこう!などという

話でしたが、実際にサイトにおいてもそこに住んでいる人だけが

わかるような話では意味がありません。

また、長くなりすぎてもいけないのかな、と改めて思いなおしました。

 

2.画面構成

「左から1枚目、つまり、最初に見てもらえる画像に最大のウリをかく。」

たくさんあってもみてもらえない、というのは、自分自身があまり見ていないというのもありなるほど、となりました。

私はいつも画像を作ってるときに3枚目で名物を入れるなどをしてしまっていました。

気を付けていきたいです。

 

また、「DL数○○突破!!」などの数字を入れるとよいという話もありました。

ランキングを作るときや、何か商品の紹介サイトなどを作るときには、大大として入れていくといいのかもしれません。

 

最後に、画像の話は少し離れて、

「意見を求める」

ということの話について書かせてください。

今まで、自分もできてないし、素人目線なのに先輩や同輩に意見を言うのは…

みたいな感じで意見を言うのはためらっているときがありました。

しかし、知識や実績のある人の意見ももちろんとても大事ですが、

なんの知識もない人の意見も大事なのです。

なぜならば、

好みさえも一般の目としていい意見であり、

なによりどこまで自分の伝えたいことや工夫が伝わっているか。

などが判明するからです。

この話を聞き、私も積極的に気になったことは意見してみよう、と思いました。

それと同時に、先輩方は「好みかもしれないけど…」というのも意見していたな、と思い出しました。自然と大切なことができる先輩方は本当に素晴らしく、見習って生きたです。

 

 

長くなってしまってすみません。

今回のwcanは、私が現在でなやんでいるようをタイムリーに教えてくれたようでした。今回の話を生かし、よりいいwebサイトを作っていきたいです。