WEB部ログ

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

WEB部メンバーの勉強用ブログです。

ホームポジションの大切さ

森本です。

近頃計測や授業などでタイピングのミスの多さを感じ、とても効率が悪いと思ったので、より素早く正確にタイピングをするためにはどうしたらよいかを調べました。

キーボードにはホームポジションという指の定位置があり、「f」と「j」に人差し指を置いてそれを基準に何の指がどの範囲のキーを打つか決まっています。

(wikpediaよりホームポジションの画像)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:TouchTyping_HomePosition_QWERTY.png

この範囲を守り、キーを打つたびにホームポジションに戻るという打ち方が正確なタイピングによいとされています。

私はホームポジションの存在を知りつつも、範囲を守ったり定位置に戻るのが面倒でやっていませんでした。しかし私の場合、範囲を守らないことで中指や薬指がうまく使われていない、また、右手でばかり打っていて左手が活用できていないという傾向があったので、最近はホームポジションを守って打つ練習をしています。

まだまだ練習途中ですが、確かに何も考えず打っているときよりはミスの量がずいぶん減ったように思います。

もうすでに皆さんはホームポジションを守って打っていらっしゃるのかもしれませんが、守っていない方にはとてもおすすめしたいと思います。